非エロデリヘルのはずが素敵な体験に

同僚と飲んだ帰り、体のあちこちがぎしぎしするのでしっかりとしたマッサージをしてもら痛いなあ、と思っていると札幌駅近くに新規オープンのデリヘルマッサージ店があることに気づきました。

外見からして普通の健全デリヘル店で、エロい気分でもなかったことからしっかりとマッサージをしてもらおうと気軽な気持ちで階段を上がります。

扉を開けると中から20代後半の普通の白衣を着た女性が出てきました。

白衣の下の服装もポロシャツにジーパンという出で立ちで、いかにも普通のマッサージしかしない雰囲気です。

女性が提示してくれるメニューからアロマオイルのマッサージを選択して、ベッドに案内されます。

女性は入口の外になにやら掲示を出し、鍵を閉めました。最初は普通にマッサージをしてもらいながら雑談をしていたのですが、既にけっこう遅い時間ということもあってほかに話し声などは聞こえません。

この時間は一人なのかと聞くとお客もあまりいないことから一人で待機しているそうです。

客が入ると対応中の看板を出して鍵を掛けてしまうとのこと。ちょうど仰向けで胸のあたりをマッサージをしてもらっている所だったのですが、とたんに変な気分になり、前の方がついつい大きくなってしまいました。

女性はそれをちらりと見ると耳元で「全部スッキリしてあげるね」といい、私のパンツを下ろすとアロマオイルを垂らして手を上下に……。

余りにびっくりな流れにすぐにスッキリしてしまいました。

それからというものその女性の出勤日にはちょくちょく寄らせてもらって、いまではもっといいこともしてもらっています。